ランドセルが壊れた!

b0001063_22324236.jpgb0001063_22325666.jpg
帰宅すると、4年生の上の娘が 「お父さ~ん、ランドセルが壊れた!
「え~~~? 壊れる物なの?」と不審に思いながら見てみると、上の写真のように担ぎ紐の付け根の部分がボッキリと折れていました。
ここで不思議に思ったのが、折れた付け根の部分がプラスティックでできていることです。

昔のランドセルは全部、皮(または合皮)で作られていたのでは?
いちばん負担のかかる部分にプラスティックを使えば、壊れやすくなりますよね。
それでもコストを優先するのでしょうか? 安心して6年間使える製品であって貰いたいです。

不安になって、今年小学校に入ったばかりの下の娘の物を調べてみると、昔ながらの皮でできていました。(ホッ~)

まだ3年も残っているので、どうしようか?と考えていたのですが、娘がしっかりと保証書(6年間)を保管していたので、販売店に連絡したところ修理してもらえることになりました。
[PR]
by naka-es | 2005-05-09 22:58 | 子供
<< 明日も越後丘陵公園 GW最終日 >>